職業別の恋愛術

【看護師の彼女がほしい】付き合うために絶対知っておきたい3つのこと

【看護師の彼女がほしい】付き合うなら絶対に知っておきたい3つのこと
こんな悩みを解決します
看護師の彼女がほしい。。。
でも、どうしたら付き合える!?

ゆういち
ゆういち
はじめまして!サムコロの管理人ゆういちと申します!

東北生まれ関東在住の30代。非モテから彼女を作った経験と心理テクニックを元に「恋愛・人間関係」に関する記事を執筆中。

昔から看護師さんは、「白衣の天使」と呼ばれています。その愛称のとおり、

  • きれいで優しい
  • しっかりしてそう
  • 病気のとき看病してくれる

こんなイメージがありますよね。

きっと、「彼女にしたい!」と考える男性は多いはずです。

とは言え、看護師さんと出会うのはなかなかハードルが高いのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、サムコロが独自リサーチしてまとめた「看護師を彼女にするために知っておきたい3つのポイント」をまとめました。

  1. 「看護師の仕事」を理解する
  2. 「看護師の恋愛観」を知る
  3. 「効率的な出会い方」で勝負
ゆういち
ゆういち
なにかひとつでも参考になれば幸いです!

【看護師は男性に人気が高い職業】ライバルが多いことを知っておく

本題に入る前に、ひとつだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、看護師女性は男性にとても人気がある職業だということです。

実際、マイナビウーマンが調査した「結婚したい女性の職業」のアンケート結果を見ても、看護師は堂々の第1位。他を圧倒する人気と言えます。

Q.結婚したい女性の職業は?

  1. 看護師(8.9%)
  2. 医師(5.2%)
  3. 公務員(4.2%)
  4. 保育士・保母さん(3.6%)
  5. キャビンアテンダント(CA)(3.1%)

以下省略
引用データ:マイナビウーマンより一部抜粋

つまり看護師女性は、非常に競争率が高い(ライバル多い)存在なんです。

 

何が言いたいかというと、そんな大人気の看護師女性と付き合うには、やはり看護師さんのことをしっかり理解していたほうが有利です。

そして、効率的な出会い方を押さえたほうが、看護師さんを彼女にできる可能性はアップします。

偶然の出会いや運命の恋を待っていても、看護師さんが恋人になる可能性は限りなくゼロです。

なのでまずは、「ライバルが多い」ということを頭に入れて、積極的に出会いを求めていきましょう。

【白衣の天使の裏側】付き合うなら看護師の仕事を理解する

冒頭でも挙げましたが、看護師さんは

  • きれいで優しい
  • しっかりしてそう
  • 病気のとき看病してくれる

こんな「癒やしのイメージ」がありますよね。

しかし、白衣の天使が働く職場の裏側は、癒やしとは程遠い環境だったりします。

つまり、そんな「看護師の仕事」を理解することで看護師女性との恋愛はうまくいきやすくなります。

ゆういち
ゆういち
看護師の仕事について知っておくべきポイントをお伝えします!

【看護師は多忙・過酷】リスペクトの気持ちが大切

看護師の仕事は、簡潔に言うと「多忙・過酷」です。

  • 患者さんのケアをする
  • 医者のアシストをする
  • 命を預かっている
  • 夜勤がある

このような内容を見ても、精神的・肉体的にタフでなければやっていけないですし、社会的にとても意義のある仕事です。

なのでまずは、看護師の仕事をきちんとリスペクトすることが大切です。

基本的に女性は、自分の仕事やがんばっている事に関して理解や応援を示す男性に好感を持ちます。

デートに誘う場合や会話をするときは、

  • 仕事で疲れていないか
    気遣う
  • 相手のスケジュールを
    尊重する
  • 悩みや愚痴を聞いてあげる

など、気遣いを見せると好印象につながるはずです。

【看護師は女性社会】人間関係で悩むケースが多い

基本的に看護業界は、女性の多い職場です。

最近は男性の看護師も増えていますが、まだまだ「看護師=女性」というイメージが強いですよね。

そのため、女性特有の

  • 派閥争い
  • 陰口や噂話
  • 職場いじめ

に巻き込まれる看護師は多いようです。

職場の人間関係に疲労するケースはよくある話なんだとか。

なので、看護師の女性と付き合うなら、

  • しっかり悩みを聞く
  • 味方になってあげる
  • リラックスできる
    デートプランを練る

このようなアプローチをして、信頼を勝ち取りましょう。

基本的に女性は、「悩みを根本的に解決したい!」というより、

愚痴や悩みを
ただ聞いてもらいたい
話すだけでスッキリする

このように思うケースが多いので、たとえあなたが解決できそうにない職場の悩みであっても、話をただ聞いてあげることが大切。

女性の気持ちを受け止めるだけで、ポイントアップにつながるはずです。

【看護師の給料は高め】付き合うなら高収入に見合うデートを

ところで、「看護業界は人手不足」というのをご存知でしょうか?

看護師は需要が高い職業だけあって、年収は高く待遇が良いケースが多いです。

女性看護師の収入について

  • 平均年収 477万1100円(平均年齢39.6歳)
  • 平均月収 33万1100円
  • 平均賞与 79万7600円

引用元:看護rooより

実際に女性看護師の平均収入を調べたデータを見ても、平均月収は33万円程度、平均年収は477万円となっています。

また、転職や復職もしやすいので、看護師は高収入かつ安定した職業と言えます。

そのため、キャリア的・経済的に自分と釣り合う男性を恋人に選ぶ看護師女性は多いです。

 

もちろん、「男性をリードしたい」「年下の男性を彼氏にしたい」という女性もいるので、経済力や男性のキャリアがすべてとは言えません。

しかし、看護師の女性にアプローチをしたり、プレゼントを送る場合は、

  • 相手がどんなレベルの
    お店を好んでいるか
  • どんなブランドを身に着けているか

などは、慎重にリサーチしたほうが良いです。

キャリアや収入面に不安がある場合は、

  • ◯◯の才能がある
  • これだけは
    誰にも負けない

など、他の面でしっかり自分の強みをアピールしましょう。

【看護師女性と付き合うなら】看護師の恋愛観を知る

では次に、看護師女性の恋愛観についてお話ししてきます。

簡潔に言うと看護師女性は、

  • 包容力のある男性
  • 癒やしをくれる男性

を求めています。

ゆういち
ゆういち
どんな男性を求めているかを知ることで、彼女にできる可能性がグッとアップします!

看護師女性が「包容力のある男性」に魅力を感じる理由

先程お伝えしたように、看護師は夜勤があり休日も不規則です。

そのため、一般的な土日休みの男性とはスケジュールをあわせるのが大変です。

付き合いはじめたころは仲が良くても、だんだんすれ違いが生まれ、結果的に別れてしまうことはよくある話なんだとか。

また、仕事が忙しかったり人間関係に疲れて気持ちに余裕がないときもあります。

 

なので、そんな看護師特有の悩みを広い心でカバーしてくれる「包容力のある男性」が人気を得ます。

すれ違いが起こらないように

  • 連絡をこまめにする
  • 休みを相手に合わせる
  • たまにはひとりの時間を
    作ってあげる

など、ドンと構えたアプローチが好印象につながります。

新人看護師のなかには、

仕事で精一杯、、、
恋愛をしたいけど、
気持ち的にも時間的にも
余裕がない…

という女性もいるようなので、悩みや愚痴を聞いて仲良くなって気長にアプローチをするのも信頼を勝ち取る一つの方法ではないでしょうか。

白衣の天使も休日はリラックスしたい

看護師女性を彼女にしたい男性のなかには、

白衣の天使に癒やされたい
手料理とか作ってほしい

こんな妄想をする人も多いかもしれません。

しかし、看護師女性に「癒やし」を求めすぎるのはNG。逆に、看護師女性に癒やしを与える男性を目指しましょう。

なぜなら、何度もお伝えしているように、看護師さんの仕事は多忙・過酷です。

そのため、

休みくらいは
ゴロゴロしていたい
リラックスしたい
癒やしがほしい

このように思う女性が多いわけです。

それなのに、男性から「癒やしてほしい」「優しくしてほしい」と言われたら、プレッシャーですよね。

「この人とはうまくいかないかも」と思われるかもしれません。

 

なので、看護師女性に過度な「癒やし」は求めず、

  • どうしたら相手が
    リフレッシュできるか
  • 彼女の癒やしは何か

を考えて、デートや話題をアプローチをしましょう。そのほうが、看護師さんの心に響くはずです。

出会いはどこで?看護師と付き合うためのテクニック

ゆういち
ゆういち
さてここまで、看護師の仕事と恋愛観についてお伝えしました。いかがでしたか?

では、実際に看護師さんと出会うにはどうしたら良いのでしょうか?

例えば、美容師やショップ店員の彼女がほしいなら、ヘアサロンやセレクトショップに通って仲良くなることはできます。

しかし、看護師の場合は、出会いを求めて病院に行くわけにもいきませんよね。。。

 

少し余談になりますが、実は看護師さんは、出会うことさえできれば恋愛のチャンスがバリバリある職業です。

なぜなら、看護師は女性比率の高い職場で働いているので、なかなか男性との出会いがありません。

つまり、出会いを求めている看護師女性は多いのでチャンスがあるわけです。

もしも看護師の女性と出会うことさえできれば、

  • 飲み会や合コンに誘う
  • エステティシャンの
    女性を紹介してもらう

といったこともできます。

なのでまずは、看護師さんと接点をつくりましょう。

効率的に看護師女性と出会う方法

そこで活用したいのは、オンライン恋活です。

例えば「恋活アプリ」「恋活サービス」などを活用すれば、

  • 職業を絞って女性を探せる
  • 相手のプロフィールを
    チェックできる

このようなアプローチがスマホさえあればできます。

今すぐにでも看護師の女性とつながることが可能になります。

 

さらに、恋活サービスを使っている女性のほとんどは、

ステキな彼と
恋愛がしたい
出会いがほしいな。。。

このように思っているので、恋愛に対して非常に前向きです。

つまり、デートをOKしてくれたり、恋愛に進展する可能性が高いんですね。

僕の経験から言わせてもらっても、合コンや飲み会などで出会うよりも、恋活サービスで出会う女性のほうが、はやく親密な関係になれると感じます。

もちろん、オンラインの出会いは、

サクラが多いんじゃないの?
本当に出会えるの?

と不安を感じる人も多いと思いますが、それは一昔前の話です。

きちんとサービスを選べば良い出会いがたくさんあるので、まずは気になる恋活サービスを試してみましょう。

会員登録自体は無料ですし、プロフィールをチェックするだけでも楽しいですよ。

【恋活】今すぐ登録すべき出会い系アプリ3選【未来の恋人はここにいる】
【恋活】今すぐ登録すべきおすすめ出会い系アプリ3選【未来の恋人はここにいる】この記事では「自分に合う異性と出会える」今すぐに登録しておきたいおすすめ出会い系アプリ3選をまとめています。...

看護師の彼女をつくるために知っておきたいことまとめ

ゆういち
ゆういち
いかがでしたか?看護師さんと付き合うために知っておくべきことをお話しました!
  1. 看護師の仕事を理解する
  2. 看護師の恋愛観を知る
  3. オンラインで出会いをつくる

以上3つを参考に看護師さんにアプローチをしてみてください。

最後に登録しておきたい恋活サービスをお伝えしておきます。

おすすめできる恋活サービス

主に僕が使っているのは、株式会社プロスゲイトが運営している「イククル」という恋活サービスです。

出会いはイククル

数あるサービスのなかで「イククル」を使う理由は以下の3つです。

  1. 自分に合う異性を探しやすい
  2. 安全に恋活ができる
  3. ポイントシステムなので安心

イククルの魅力は、なんと言っても自分に合う異性を探しやすいところです。

恋活サービスでは国内最大級と言われる1500万人が登録しているので、そもそも出会いのチャンスがたくさんあります。

また、検索システムや異性と出会うためのコンテンツも充実しているのもポイント。

利用するとわかりますが、

  • 趣味別に相手を探せる
    「趣味検索」
  • すぐ会える相手を表示
    「地域指定」
  • 募集や日記といった
    「掲示板」

こんな機能があるので、自分好みの異性が見つかりやすいんですね。

 

そして、20年以上続いている老舗サービスなので、サポート体制やノウハウもバッチリ。安心して利用できます。

さらにイククルのシステムは、ポイント(有料で購入)を消費することで女性とメッセージをやりとりしたり、投稿画像をチェックできる仕組みです。

つまり、いきなり月額数千円を払う必要がなく、自分のペースでリーズナブルに恋活ができるわけです。(※女性は基本無料で恋活が可能)

 

もちろん、全くお金をかけたくないならおすすめできませんが、有料で運営がしっかりしたサービスのほうが、

  • 会員の質が良い
  • サクラや業者を排除している
  • コンテンツが充実している

こんなメリットがあり、自分に合う異性と出会える可能性が高いです。

会員登録は、

  1. 必要事項入力
    (ニックネームやパスワード)
  2. 電話確認
    (自動音声で3秒で終了)
  3. メールアドレス確認

の3ステップで3分もかかりません。

ゆういち
ゆういち
会員登録は無料で出来るので、まずはどんな異性がいるかチェックしてみると良いですよ!

イククル公式サイト >>
※18歳未満は利用できません

【注意事項】

登録後は年齢認証を済ませることをおすすめします。

そうしないと、異性にメッセージを送るといった機能をフル活用できません。

  • 証明書の写真を送る
  • クレカを登録する

いずれかで年齢認証ができる(オンラインでOK)のでお忘れなく。